2014-03-10

Fitted mesh UV map

前回フィットメッシュのボデイをデフォアバの形に合わせて調整して、

UVを自動展開するところまで書きました。今回は自動展開されたUVmapを

デフォアバのUVマップに合わせてみようと思います。

 

UVmapはテクスチャーの地図みたいなもので、これを下敷きにしてテクスチャーを

描かないと、オブジェクトの思い通りの場所にペイントすることができません。

ただ、他と関連なく1点だけのUVを作るなら、特にデフォアバのUV位置と一致させる

必要はありません。

ですのでNea用のUVを作るだけだったら、前回自動展開したUVで問題ないのですけど、

今回は汎用性を高くして、従来のアバター用に描いたSkinが大きな加工をせずに

そのままこのフィットメッシュボデイに適合できるようにしたいと思っています。

 

ご存知の方も多いかもしれませんけど、デフォアバのUVはこのようになっています。

dd670e69b431b1bf2d80b73e620dbc61 ba0d9f864c58d943b34a48510e130a4c

それに対して私が自動展開されたUVmapは、前回もご紹介したように

51a6ccaf8c4fc5392d5e9289c552600e 9954924745986265cab702b9d86c7e88

こんな感じに展開されています。

これを角度を調整したり、切れちゃったりしている部分をくっけたりしながら

ポイントの1つ1つを根気よく調整していきます。

無機質なグリッドだけだと、適応するポイントがわからなくなっちゃうので、

6541fb825d609608388ef891105d886f 2d7489ed86de9aba5af2bcc3bfe5de88

こんな感じでマッピング画像に工夫したりしながら進めていきます。

とても気の長い作業なのですけど、コツコツ続けていくとこんな感じになります。

薄く見える黒い線はデフォアバのUVmap、白い線が私のモデルのUVmapです。

ここまで1週間 >.<

75dbf13e86fd97821096dedf68acba64 ba30f50d103aac3b75760f5e1f23d84b

 

さて、過去に描いたデフォアバ用のSkinをマッピングしてみます。

(下のモデルは一時的にメッシュをかなり細かくプレビューしていますけど、

 アップロード時には適度な目の粗さに戻します)

f3559a0beb6ea974a04b762908aaeae3 d68ea6dc04632780596cf7d0788a9642 3148fbe99b16d1ad63b30dcc86af3fe6 b3b1b525f3716d96b0d7101c5469b8b9 6ca3fab6d4ab102dfc661f3b801b088a 70d9a29b1d15fa97d0bfc4a1035c9351

デフォアバには足の指がないので、足の指の部分のテクスチャーは

大きくずれて当たり前なのですけど、それ以外の部分に関しては

手の指の水かきの部分など一部の部分を除いて画像の加工なしで

対応できるようにしましたw

でも、モデルが綺麗になると気になる部分もたくさん出てきたので、

その辺の調整はまた今度^^

さて、次はいよいよスキニング作業に入ります。

それじゃ、また~ 

4 件のコメント:

snuma whitfield さんのコメント...

すごい~
続きが楽しみです♪

Shirousagi Noel さんのコメント...

ありがと~
この先どうなるかわからないけど、よかったら続きも見てねw

Yoshikawa Kazusa さんのコメント...

ほんとにあたまが下がります><
応援してますので、頑張って~♪

Shirousagi Noel さんのコメント...

>かずささん
ありがとーw